2008年03月23日

バス釣りについて

バス釣りについて


バス釣りは、ブラックバスを対象とした釣りのこと。ブラックバスというのは、大正末期にアメリカから入ってきた外来魚である。肉食で非常に生命力が強いため、今では全国各地で繁殖している。


バス釣りの場合はルアーを使う。ルアーとは疑似餌のことだ。いわゆるルアーフィッシングである。ブラックバスは、動くものならなんでも食べる習性があるので、ルアーが使われる。使われるルアーも数多くあり、ホンモノの魚そっくりに作られている。


バス釣りがなぜ人気があるのかと言うと――ブラックバスは小さな体のわりに引きが強いというので、釣りをする人にとってはおもしろいようだ。また、ブラックバスは非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできるという。賢いブラックバスとの微妙な駆け引きが、バス釣りの人気の理由となっている。


バス釣りの時期としては、4月〜11月後半頃といわれる。春暖かくなった頃にブラックバスの活動がはじまる。しかし、夏場はバスも涼しいところを泳ぐので、どこに潜んでいるかを見つけるのもバス釣りの楽しみとなっている。

ラベル:バス釣り
posted by 徒然日記もの思ふ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。