2008年03月24日

野球といえばメジャーリーグ

野球といえばメジャーリーグ


 野球の本場アメリカ。メジャーリーグは、ナショナルリーグとアメリカンリーグの全30チームからなります。

 ナショナル・リーグは1876年、アメリカン・リーグは1901年発足ですから、アメリカの野球リーグは1世紀以上の歴史を誇っています。


 メジャーリーグで歴史的に有名なプロ野球選手は、ベーブ・ルース。元祖ホームラン王として有名なほか、通算最高長打率の世界記録を持つことでも知られています。


 そして、ベーブ・ルースの記録を塗り替えた、メジャーリーグのハンク・アーロン。

 ハンク・アーロン賞はメジャーリーグの賞として、もっとも活躍した打者に与えられる賞です。

 ハンク・アーロンは、プロ野球選手を引退してからは、自身の記録を破った王貞治選手とともに世界少年野球推進財団を主宰するなど、野球界に貢献しています。

posted by 徒然日記もの思ふ at 02:00| Comment(45) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

バス釣りについて

バス釣りについて


バス釣りは、ブラックバスを対象とした釣りのこと。ブラックバスというのは、大正末期にアメリカから入ってきた外来魚である。肉食で非常に生命力が強いため、今では全国各地で繁殖している。


バス釣りの場合はルアーを使う。ルアーとは疑似餌のことだ。いわゆるルアーフィッシングである。ブラックバスは、動くものならなんでも食べる習性があるので、ルアーが使われる。使われるルアーも数多くあり、ホンモノの魚そっくりに作られている。


バス釣りがなぜ人気があるのかと言うと――ブラックバスは小さな体のわりに引きが強いというので、釣りをする人にとってはおもしろいようだ。また、ブラックバスは非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできるという。賢いブラックバスとの微妙な駆け引きが、バス釣りの人気の理由となっている。


バス釣りの時期としては、4月〜11月後半頃といわれる。春暖かくなった頃にブラックバスの活動がはじまる。しかし、夏場はバスも涼しいところを泳ぐので、どこに潜んでいるかを見つけるのもバス釣りの楽しみとなっている。

ラベル:バス釣り
posted by 徒然日記もの思ふ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ボウリングのボール選び




ボウリングにおいては、当然ボールを扱うテクニックが重視されますが、道具選びも軽視できません。


ボウリング用品の中でも重要なのが、ボール。ボウリング用のボールは、他の球技のボールとはかなり構造が違います。野球やサッカー、バスケットボールなどの球技で使うボールは革やゴムなどの柔らかい素材で作られ、弾力がありバウンドするようになっていますが、ボウリングのボールはこうしたものと比べると大変硬くて重く、「投げる」とは言いながらも、実際には転がして使います。


ボウリングのボールは、初心者なら、まずは「ハウスボール」という、ボウリング場が貸し出しているボールを使うことになるでしょう。このボールには大体6ポンド〜15ポンドまでの重さがあるので、その中から自分に合ったものを選ぶことになります。


ボールの選び方のおおよその目安としては、


・重さは自分の体重の約1/10が目安(1ポンド=約0.45kgで計算)

・中指と薬指は少しきつめで、親指は少しゆるめ

・3本の指を穴に入れたとき、手のひらがほとんどぴったり付く


といったことが挙げられます。もっとも、上記の3点の条件がすべてそろうのは難しいので、まずはこの中から自分にとって一番重要な条件を決め、それを満たすボールを選ぶようにするといいでしょう。

ラベル:ボウリング
posted by 徒然日記もの思ふ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

サーフィンの始め方


 サーフィンを始めようと思っている人にとって、特に気になることは、サーフィンの道具の値段と難易度といったところではないでしょうか。よって、サーフィンを始める際は、必要コストと難易度に焦点を絞った情報が欲しいところです。


 サーフィンのポピュラーな始め方としては、やはりまずは道具をそろえること。特にローコストの始め方を挙げるなら、以下の装備から入るといいでしょう。


・ボード(フィンなどの付属品を含む)

・流れ止め

・滑り止め

・水着


 サーフィンは、夏ならウェットスーツなしでもできます。「お試し」と思っている方などは、こうした始め方でもいいでしょう。

ラベル:サーフィン
posted by 徒然日記もの思ふ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

テニスのルール

テニスのルール


 テニスのルールは、簡単にいえば、ネットをはさんで、ラケットでボールを決められた区画内で打ち合うものです。

 シングルス・ダブルス別に試合があります。


 テニスのルールでは、コートの種類は、クレーコート、グラスコート、オムニコート、ハードコート、室内コートの5つが一般的で、平坦で一定の広さがあればどこでもできます。

 縦幅23.77m、横幅8.23mで、ダブルス用にはさらにアレー幅がつきます。


 得点の数え方は、テニスのルール独特のもので、0ポイント(点)がラブ、1ポイントがフィフティーン、2ポイントがサーティ、3ポイントがフォーティといい、1プレーに勝てば1ポイントの得点になります。


 テニスのルールでは、4ポイント取ると1ゲーム取ったことになり、それを6ゲーム取ると1セット取ることになります。

 3セットマッチの試合では、先に2セット、5セットマッチの試合では、先に3セット取ると勝ちになります。

posted by 徒然日記もの思ふ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

ゴルフ競技のマナー

ゴルフ競技のマナーって


ゴルフ競技のマナーで一番に考えるべきことは何でしょうか。


ゴルフはゴルフクラブを使った競技です。第一に考えるのはやはり安全確認。ゴルフクラブは金属の棒でしかも長いです。人に当たると相当痛いはず。大ケガをする可能性もあります。周りに人がいないかどうかの安全確認は必ず行いましょう。打ったボールだけでなく、小石や枝なども人に当たることがないように、周りをよくみて行いましょう。ゴルフ場に行った場合ならプレーヤーは自分だけではないので、周りの人の行動もよく見て、お互いに気を配りながらプレーしましょう。


ゴルフ競技のマナーは、ゴルフキャリアが長い人だけでなく、これからゴルフを始める人にも必要なことです。マナーを守って楽しいゴルフをしたいものですね。

posted by 徒然日記もの思ふ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

ゴルフの練習法


 ゴルフの練習は、打ちっ放しといわれる練習場を使うことが一般的です。


 ゴルフの打ちっ放しでは、場所代とボール代を払い、ネットが張られた練習場の中でゴルフクラブを変えつつ、目標のヤードや方向に飛ばせるようにスウィングを練習します。


 料金体系は、場所代とボール50個でいくら、といったものや、時間単位でいくら、会員制でいくらなどとさまざまな設定があるので、自宅からの通いやすさや、練習の頻度などを考えて、自分にあう練習場を選んでみましょう。


 ゴルフのスウィングは、雑誌やテレビで研究することも大切ですが、プロの指導に勝るものはありません。


 独学でゴルフの練習を続けている人は、自分独自の打ち易いスウィングを作り出しますが、もしかしたらそれは歪んでいて、その姿勢でボールを打ったら曲がるべくして曲がるものかも知れません。


 普段はあまり思うようにボールが飛ばず、ふとした瞬間にいいボールが飛ぶという場合は、自分が正しいと思っている姿勢が間違っていることを疑って、正しい姿勢をプロのゴルファーに学んでみることを検討してみましょう。
ラベル:ゴルフ
posted by 徒然日記もの思ふ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。